『写真のことが全部わかる本』 中原一雄 インプレス

一眼レフカメラやミラーレスカメラを買った人が、本格的に使いこなしてみようかと思った時に、最初に読むのに適した本である。
分厚いカメラの取扱説明書を見ると、これを全部理解するのは到底無理だと思ってしまうのも仕方ないが、本書を読むと、Av(絞り優先)、Tv(シャッター優先)、M(マニュアル)などのモードは、メーカーに関係なく共通していることが分かる。要は、絞りとシャッタースピードの両方を手動で設定する(M)か、絞りを手動で設定してシャッタースピードを自動にする(Av)か、シャッタースピードを手動で設定して絞りを自動にする(Tv)かの違いである。
F値(絞り)と被写界深度の関係や、広角と望遠の関係、レンズのスペックを表す焦点距離と開放F値などについても、しっかりと説明されている。
また、上手く写真を撮るためのテクニック、例えば、オートフォーカス(AF)の上手な使い方や、ホワイトバランス、順光と逆光、ストロボの使い方についても、解説されている。
更に上級者を目指す人にとっても、様々なレンズやフィルターの使い方、玉ボケやスローシャッター、流し撮り、RAW 現像についても触れられているので、先ずは本書を読みながら、いろいろ試してみるのが良いだろう。
センサーサイズや有効画素数についても解説があるので、カメラを買う前に読んでみても良いと思う。

当サイト編集長。 エンジニア、デザイナー、物書き、編集者、アマチュアギタリスト。

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。