『世相』 織田作之助

終戦直後に書かれたこの作品は、もちろん創作であるが、私の知らない時代の世相を映し出しているのだろう。ここで描かれる世相は、隙間風の吹くような寒々としたものだが、何かとても正直な「やらかした」感があるような気がする。織田作 […]

『男女同権』 太宰治

『だめんず・うぉ~か~』の発表以来、ダメな男(だめんず)という言葉は、倉田真由美の専売になったような趣があるが、それより半世紀以上前、ダメな男について書かれた傑作が存在する。それが、太宰治の『男女同権』である。文字通り「 […]

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。