『明るい方へ 父・太宰治と母・太田静子』 太田治子 朝日新聞出版

『斜陽』に日記を提供した太田静子と太宰治の娘、太田治子が父母について書いた本である。
太宰治は、太田治子に一度も会わずに死んでいるので、母と父の一部始終は、母からの言い伝え、母の残した日記や著作物、他人からの伝聞、回想録や手紙などの資料によって再構築されていることになる。
著者によって描かれる二人の姿は、小説『斜陽』ほどすっきりした結末ではないし、太田静子の幼さ、意外と世間の目を気にする太宰治の姿が印象に残り、痛々しいのである。
創作の材料としての日記を提供してもらうだけの関係のほうが、太宰にとっては良かったのかもしれない。しかし、それでは、小説の結末は違ったものになっていただろうし、太田治子も生まれていない。
本書のタイトルは、『明るい方へ』である。
著者は、太宰が創作した“こいしいひとの子を生み、育てる事が、私の道徳革命の完成なのでございます。”という、かず子の手紙によって『斜陽』は明るい小説になっていると言う。
また、静子の弟の通が、太宰の仕事部屋へでかけて貰ってきた“この子は私の可愛い子で いつでも父を誇って すこやかに育つことを念じている”というお墨付きを書いてくれた父に心から感謝していたと言う。
母も、太宰は一番大切なところではウソをつかなかったと言っていたそうだ。

 
当サイト編集長。 エンジニア、デザイナー、物書き、編集者、アマチュアギタリスト。

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。