『YDY』 ゲスの極み乙女

ゲスの極み乙女の新たな一面を印象づける曲である。
「YDY」が何を意味するのか(何かの頭文字)は、曲を聴いていただくとして、お茶目なだけではない何かを感じさせる仕上がりになっている。
恋の終わりの焦燥感と諦めを歌っているという意味では、indigo la End に寄って来ていると言っても良いのだが、その表現方法はゲスの極み乙女ならではである。
ほな・いこかをボーカルに据え、ちゃんMARI のピアノのリフレインを基調に、川谷絵音がコーラスに入り、休日課長のベースが控えめながら全体を支える。
この祭囃子のようなリズムの中に、夏の終わりと恋の終わりが、それこそ
“あの夏はどうすることもできずに 汗が落ちる音で目覚めてた”
ように感じられるのだ。

“青春だらけになったって 心に収まらないから”
って、30歳を過ぎた大人が(川谷絵音も30代である)言うのも恥ずかしい気もするが、自分で自分を持て余すくらいに、ロマンスがありあまるのだろう。そうでなければ、こんな曲を書けない。
話題は少し変わるが、結成10周年を迎えたこのバンドは、2022年6月、「ゲスの極み乙女。」から「。」を取って「ゲスの極み乙女」に改名したと言う。今回、この記事を書くにあたっていろいろ見返している時に気づいた。

当サイト編集長。 エンジニア、デザイナー、物書き、編集者、アマチュアギタリスト。

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。