椎名林檎と SR400

椎名林檎の新曲『私は猫の目/さらば純情』の MV に登場するバイクは、ヤマハ SR400。
SR400 は、残念ながら2021年で生産が終了してしまったが、椎名林檎と同じ1978年生まれである。クラシック風のバイクではなく、40年以上、少しずつ改良を続けながら生き残ってきた製品だった。
恐らく、椎名林檎と同い年だということと、Sheena Ringo のイニシャル SR と SR400を掛けての登場である。
因みに、椎名林檎がよく使っていたギター Duesenberg の創業者 Dieter Gölsdorf がギターを作り始めたのも1978年だ。

MV の2:40 付近、椎名林檎がバイクを起こすシーン、ブレーキレバーを握りながら、腰を入れて向こう側に押すあたり、プロの指導が入ったなと思わせる。バイクは「引き起こす」のではなく、タイヤと地面の接点を支点に転がせば起き上がるのだ。
今回も、トリビアルな話題になってしまったが、コケティッシュな印象の「私は猫の目」からメロウな「さらば純情」。
“信じていました真っ直ぐにきっと受け取ってもらえるはずと”
“本心はずっと大好きでした”
「さらば純情」と言っておきながら、さらば出来ていないところが、椎名林檎の真骨頂であろう。私たち一人ひとりの中にも眠るイノセンスを呼び覚ましてしまう。

当サイト編集長。 エンジニア、デザイナー、物書き、編集者、アマチュアギタリスト。

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。